2007.12.10 「名古屋大学キャリアパス支援室主催のキャリアセミナーに参加してきました」



12月1日に名古屋大学のインキュベーション施設において、キャリアパス支援室が主催するキャリアセミナー「時代が必要とするキャリアとは!?就職活動をした体験から」での講演者の一人として呼ばれていたので、参加してきました。このイベントの後に私の方で第6回「博士の生き方」座談会を開く予定だったのですが、キャリアセミナーの懇親会という位置づけで、雰囲気が座談会をおこなうという感じではありませんでしたので、中止しました。座談会のためだけに当日、会場にお越しいただいた方々には申し訳ないことをいたしました。ただ、お越しいただいた方々もそれぞれに懇親会を楽しんでおられたようなので安心いたしました。私も懇親会であれこれと話して帰ってきました。参加者の方々とお話できたことも勉強になりましたし、会の運営に関しても勉強になる一日でした。下記にそのときの報告を簡単ですが、記しておきます。



  1. 開催日時:2007年12月1日(土) 13時〜17時30分
  2. 開催場所:名古屋大学インキュベーション施設1階会議室
  3. 主催者:名古屋大学キャリアパス支援室・学生総合支援課 就職支援室・学生総合センター
  4. 参加人数:約40名(学生・ポスドク: 約30名、人材サービス会社:5名程度、名古屋大学産学官連携推進本部教員・職員:5名程度)
  5. ワークショップへの参加目的:名古屋大学では、2006年度から科学技術関係人材のキャリアパス多様化事業として名古屋大学産学連携推進本部にキャリアパス支援室が設けられ、ポスドクなどの博士号取得者および博士課程学生のキャリア支援に取り組んでいる。 このワークショップの目的は、名古屋大学キャリア支援室の支援で就職活動をして就職をした学生およびポスドク経験者が、就職しての経験および就職活動の経験から得られた知見を、現在就職活動をしているか、もしくは進路に悩むポスドク・博士課程学生に伝え、進路選択に役立ててもらうことである。 このワークショップには、参加しているポスドク・学生のおかれている状況および将来に向けての志向について知ることを目的として参加をした。また、私自身も講演をおこなった。
  6. 概要:講演では、就職活動をしたポスドク・学生からの就職活動をしての体験およびそこから考えたことについて語られた。また、人材サービス会社のバイオ分野担当者より、就職活動の面接に関する知見が就職支援者の立場から語られた。さらに、ワークショップ終了後の懇親会において、現在、就職活動をしているポスドクから就職活動をして感じていることについてお話をうかがった。 その結果、アカデミック以外への転進を図る上での周囲の関係について、バイオ分野における就職の現状について知見を得た。
  7. アカデミック以外への転進を図る上での周囲との関係について:

    7−1:インターンシップ参加について:

    7−2:就職活動および就職に関する周囲の反応:

  8. バイオ分野における就職の現状:
  9. まとめ:

    実際に就職活動を経験しているポスドク・学生の感じていること、考えていることに就いて知ることができた。また、バイオ系に関する就職状況についても知ることができた。

    ポスドク・学生の就職支援を通して、就職希望者の研究分野における就職可能分野における知見および、彼らが就職活動を行う上で直面する問題などについての知見を得ることが可能だと思われる。就職支援を通して得られた知見を、大学・大学院教育へフィードバックおよびポスドクの職場環境の改善に向けての取組みに生かすことができるのではないかと考える。




もどる