第五回「博士の生き方」座談会 in 広島「ポスドク問題を再考する」の報告


日時:2007年10月20日 10時〜12時

場所:広島大学・東広島キャンパス・総合科学部棟

目的:

ポスドク問題に関しては、企業の採用に関する体質の問題、本人の資質や能力の問題、大学と産業界のミスマッチの問題、研究室での教育の問題など、さまざまな角度から課題があるのではないかと指摘されているが、現在のところ広く深く議論はなされていない。そのため、できれば直接的に関係のある学生、ポスドク、大学の先生方で率直にポスドク問題について意見交換をおこない年代や専門の相違などの相違を踏まえて議論を広げる機会を作りたいと思い、今回の座談会を企画した。

参加者:

15名

配布物:

奥井「提言:博士学生のキャリアパスを考える―その多様化と選択に必要なこと―」(化学 Vol. 62 No.10(2007))

概要:

初めに、対話の糸口となることを期待し、「提言:博士学生のキャリアパスを考える―その多様化と選択に必要なこと―」を参加者に配布し、内容についての解説をおこなった。この提言は、2007年3月に「博士の生き方」ホームページ上で博士課程修了者および修了予定者に対しておこなったキャリア意識に対するアンケート結果を元にしたものである。

提言にはアンケート結果の概要を掲載しているが、その中に、「大学・公的機関以外への進路に対する抵抗感は、企業に就職した場合もアカデミックに残った場合も強い。しかし企業就職者の場合は『アカデミック以外に進むことが周囲から“負け組み”と思われる』ことに抵抗を感じていると答える人が多かった」という文章がある。その点に関して、「アカデミック以外に進むことを本当に“負け組み”であると博士課程の学生およびポスドクは考えているのか」という問いがあり、そこから議論がさまざまに発散していった。

議論された点は大きく分けると次の二点である。

  1. 学位の捉えられ方:
  2. 学位の基準:

「学位の捉えられ方」に関しては、一つには、学生および学位取得者本人が学位をどのように捉えているのかという話題があった。そして、本人がどのように学位を捉えているのかという点については、個々人が置かれている状況(研究分野、就職状況、個々人の仕事・生活環境など)に大きく依存しているのではないかという示唆があった。また、個々人が置かれている状況に関しては、当事者以外(企業の人事担当者、修士課程以下の学生、親族、仕事仲間など)が学位をどのように捉えているのかという話題があった。

「学位の基準」に関しては、基準があいまいであることが適切な企業への就職活動時期を逃すことにつながっており、そのことが博士課程修了者にアカデミックパスを選択させる理由につながっているのではないかという指摘があった。それに対して、昔から学位取得基準が明確になっている専攻・研究科も存在しているという話が体験談とともに複数なされた。また、近年、ハラスメントに対する目が厳しくなっており、基準の明確化とともに基準の遵守が徹底されるようになって来ているという指摘もあった。

 

以下に、「学位の捉えられ方」および「学位の基準」について、話題に上がった事項を記す。

学位の捉えられ方についての話題:

学位をどのように捉えられているのかは、博士課程における能力開発の方向性、就職状況、就職後の経済的・社会的立場などをどのように考えるのかという点で、今回の座談会では大きく3つの視点があったと考えている。

  1. 研究者としてのキャリアに必要であるという考え:
  2. 多様なキャリアパスを志向する上で活かせる資格とする考え:
  3. 博士号に対して大きな価値を見出さないとする考え:

それぞれに関しての発言の概要を以下にまとめる。

  1. 研究者としてのキャリアに必要であるという考え:
  2. 多様なキャリアパスを志向する上で活かせる資格という考え:
  3. 博士号に対して大きな価値を見出さないとする考え:

学位の基準:

学位審査の基準については、いくつかの話が出たが、概ね方向性としては内規を確立させ、それに基づいて動いていこうということになっているようである。博士課程の学生が就職活動をする場合においても、学位がとれるかどうかが非常にネックになっており、結果として就職活動をすることなくポスドクになったという話もあった。

以下に学位審査についての話題を記す。

まとめ:

以上、「学位がどのように捉えられているのか」と「学位の基準」を中心にディスカッションの内容を整理した。ここから学生、ポスドクなどの当事者にとっては、個人・分野の置かれている背景とそれを各人がどのように認識するかで考え方が大きく異なることがみえてくる。

当事者が学位を研究者として渡っていく上で必要なことであると考える場合には、彼を研究者として必要とする場所が大学だけに限らず企業など大学の外にも広く存在していることが考えられる。その一方で、当事者が多様なキャリアパスを志向する場合にはその背景として研究者と生きることが大学以外では困難であるという状況があるとも考えられる。

博士課程をある専門性をもった人材の養成を目的とすると考えるのでれば、博士の多様なキャリアパスを唱える場合には研究分野によっておかれている状況が大きく異なるということを念頭におかないといけないと同時に、当該の研究分野をいかに発展させていくのかにも留意していくことが必要なのではないかと考える。

今後も座談会を複数回開催することを考えており、議論をさらに進めていきたいと考えている。


第五回「博士の生き方」座談会の案内(開催時のもの)
イベント報告にもどる