第三回「博士の生き方」座談会の報告


2006年2月4日(土)に、第三回「博士の生き方」座談会(協賛:R&Dサポート)を行いました。場所は第一回、第二回座談会をおこなったときと同じR&Dサポートセミナールームです。

今回の座談会では、参加申し込み時に課題として、「『科学技術基本政策策定の基本方針の中間とりまとめ』の人材に関する項目を読んだ上で、これからの社会にとって必要な人材とはどのようなものかを、理由(例えば自分の体験を踏まえて、本で読んだことなど)も含めて書いてください」と求めていたにも係らず、30名もの方々が参加してくださいました。

参加者の方の内訳としては、学生が5名程度と少なく、30代の社会人を中心として40代、50代の社会経験の豊富な方々からの参加が多かったです。

今回の座談会では、来年度からはじまる第3期科学技術基本計画に目を通して見て、政府としてどのような方向性で施策をおこなっていく予定にしているのかを知り、その上で、社会にとって必要な人材とは何かということに関して参加者のそれぞれの立場や経験からディスカッションをおこなうことができたらいいなと思っておりました。

当初は、文部科学省の小野さんから「第3期科学技術基本計画」の「人材」に関して言及されている箇所に関して「科学技術基本政策策定の基本方針の中間とりまとめ」に基づいて、無味乾燥な文章でつづられている文章の背景となっていることやこれからの施策の方向性について解説をしていただく予定にしておりました。ただ、小野さんからの解説だけだと、「科学技術基本計画」とうものが、国の施策の方向性を定めるものであるので、その後の、各人の経験などに基づいたディスカッションとの関係を考えたときに、折角解説いただいたものを生かすことができないなと思いました。そのため、今回の座談会に参加申し込みをしてくださった方の中から、実体験として、基本計画の中で取り上げていることを経験されてきた方々から講演をお願いいたしました。具体的には、研究費の審査に係るプログラムオフィサー・プログラムディレクターのお仕事や応募に関してのお話、海外でのベンチャー企業での就労経験のお話、そして、日本でのポスドク経験のお話の3つです。3名の方にご講演をいただきましたが、快く引き受けていただけたこと、とても感謝しております。

当日、講演いただいた方々は以下のとおりです。

本来であれば、4名の方からのご講演の後に、ディスカッションをおこなう予定にしていたのですが、司会者である私のあやまりで、ご講演をいただいた時点で会の終了時間の5時になってしまいました。今回、折角、参加者の皆様から私からの課題にお応えいただいたのに、皆様がご自身の意見を言える機会を作れなかったことをとても申し訳なく思っています。今後も、「博士の生き方」座談会は続けていく予定にしております。時間配分や課題設定など、今回の会は課題を多く残してしまったと感じております。次回以降は、もっとこの会に参加してくださった方々が話をできる場を作りたいと思っております。

座談会の後は、会場となったR&Dサポートの入っているビルの地階にある居酒屋で懇親会を開きました。23名の方にご参加いただきました。その後、本郷3丁目の駅前の居酒屋で軽く二次会も開きましたが、15名の方がいらしてくださいました。懇親会を楽しんでいただけていたら幸いです。

今回、ご講演いただきました、小野様、福士様、中村様、中谷様に感謝いたします。また、今回の座談会の主旨に賛同いただき協賛してくだったR&Dサポートの皆様とアシスタントとして会の運営を手伝ってくれた方々、そして、週末をつぶしてこの会に参加してくださった方々皆様に感謝いたします。本当にありがとうございました。


第三回「博士の生き方」座談会の案内(開催時のもの)
イベント報告にもどる