第6回 「『博士の生き方』座談会 in 名古屋」参加者募集中

2007年12月1日(土)開催


第6回 『博士の生き方』座談会 in 名古屋

〜ポスドク問題を再考する〜

2007年12月1日(土)開催

  • 開催の目的:

    ポスドク問題に関しては、企業の採用に関する体質の問題、本人の資質や能力の問題、大学と産業界のミスマッチの問題、研究室での教育の問題など、さまざまな角度から課題があるのではないかと指摘されておりますが、現在のところ深い議論というのはなされていないように感じております。

    そのため、ぜひ一度、できれば直接的に関係のある学生、ポスドク、大学の先生方で率直にポスドク問題について意見交換をおこない年代や専門の相違などの相違を踏まえて議論を深めていける機会を作りたいと思い、今回の座談会を企画しました。

    今回のタイトル「ポスドク問題を再考する」の座談会は今年度中に数回、全国で実施することを考えております。第一回目は2007年10月20日に広島において実施しました(第5回「博士の生き方」座談会 in 広島)。今回の座談会は「ポスドク問題を再考する」としては第二回目となります。

    前回の座談会の様子は、第5回「博士の生き方」座談会 in 広島「ポスドク問題を再考する」の報告にまとめております。前回の座談会での議論から、キャリアパスに対する考え方は研究分野によって大きく異なる面があるのではないかと考えております。今回の座談会においては、研究分野によるキャリアパスに関する課題の相違とその背景についてより深く議論ができたらと考えております。

    座談会の内容に関しては現在、私が係っております国立教育政策研究所のプロジェクト「理系高学歴者のキャリア形成に関する実証的研究」で報告をしたいと考えております。座談会に参加された方々に限らず、より多くの方に還元できるものにしたいと考えております。

    ポスドク問題について考えておられる大学の先生方、将来について真剣に考えておらえる学生の方、考えておられたポスドクの方の参加を熱望しております。どうぞよろしくお願いいたします。

    どうぞよろしくお願いいたします。



    もどる