第4回 「博士の生き方」座談会参加者募集中

2006年6月24日(土)開催


第4回 「博士の生き方」座談会

「科学技術関係人材のキャリアパス多様化促進事業」採択機関の決定を受けて

〜我々が求めていること〜

2006年6月24日(土)開催

  • 開催の目的:

    現在、ポスドクを含めた博士号取得者のキャリアパスが問題とされておりますが、その対策として文部科学省において、科学技術関係人材のキャリアパス多様化促進事業が平成18年より実施されます。

    この事業においては、ポスドクなどの若手研究者のキャリア選択に対しての取り組みに対して支援をおこなう事業を国が委託するものです。今年の4月に実施機関として8機関が採択され、ポスドクに対してのさまざまなキャリア支援がなされようとしております。しかし、この委託事業においては、受益者となるべき若手研究者たちの声が必ずしも反映されているとはいいがたい状況にあると思われます。

    今回の座談会においては、「科学技術関係人材のキャリアパス多様化促進事業企画評価委員会」において座長をつとめておられる筑波大学の小林信一先生を講師にお招きして、現在起きているポスドク問題の背景、海外におけるキャリアパス多様化の取り組みなどに関してお話いただきます。その上で、科学技術関係人材のキャリアパス多様化促進事業に対しての参加者それぞれの立場からの期待していることや要望についてディスカッションをいたします。

    これからの知識社会のあり方に関して興味をもたれている学生やポスドク、企業人の方々の参加をお待ちしております。

  • 第4回 座談会のゲストスピーカー:

    小林 信一 先生

    筑波大学ビジネス科学研究科大学研究センター教授

    独立行政法人産業技術総合研究所において平成15年度から平成16年度にかけて実施された「研究者のノンアカデミックキャリアパス」に関する調査研究で得られた成果を元にしつつ、現在起きているポスドク問題の背景、海外におけるキャリアパス多様化の取り組みなどに関してお話いただきます。さらに、今回、科学技術関係人材のキャリアパス多様化促進事業に企画評価委員として係られての採択機関に対しての印象などについてお話いただけたらと考えております。

  • 開催日時:

    2006年6月24日(土):14:00-17:00

  • 当日の座談会の流れ:

    1. 14:00-14:30:受付
    2. 14:30-15:30:小林先生の講演
    3. 15:30-16:30(最大で17:00まで):参加者同士でのディスカッション
    4. 17:00-19:00:座談会会場近くの居酒屋で懇親会をおこないます。時間にゆとりのある方はぜひご参加ください。

    ※座談会当日は、カジュアルな格好でお越しください。

  • 開催場所:

    大田区産業プラザ・A会議室アクセス

    ※これまで使用していた会場から変更になっております。ご注意ください。

  • 参加者定員:

    30名程度

  • 参加資格:

    今回取り上げるポスドク問題、科学技術関係人材のキャリアパス多様化促進事業に関して一言以上言いたいことのある方。ただ、参加申し込みのときに課題のテーマに関しても意見を送っていただく必要があります。

  • 参加費:

    座談会への参加は無料、座談会後の懇親会へ参加される場合は会費3000円程度をいただきます。
  • 参加申し込み方法:

    博士の生き方管理人宛(webmaster@hakasenoikikata.com)にメールにて、タイトル「第4回座談会参加希望」と明記の上、次の事項をご連絡ください。1.氏名、2.所属(大学名・学年もしくは会社名)、3. 年齢、4. 懇親会参加の有無、5.自己紹介(差し支えのない範囲でお願いいたします、座談会当日に配布します)、7.課題(下にテーマを載せています。ワードファイルを添付しておくっていただいてもかまいません。皆様からいただいた作文は当日、ディスカッションで用いるため匿名で配布いたします)

    ※会場のスペースの関係で会場に入れる人数は限られておりますので、必ず事前に申し込みをしてください。

    ※懇親会のみの参加は受け付けません。

    ※参加申し込みをされた方には返信をいたします。

  • 参加受付期間:

    〜6月23日(金)23:00まで

    ※会場の収容人員(39名)に達し次第締め切ります。

  • 課題のテーマ:

    現在、「学生か若手研究者」かもしくは「その他の方」か、立場によって、書いていただく課題を変えております。。それぞれの立場ごとに3つの質問を設けておりますので、すべてにお答えください。

    よろしくお願いいたします。