第4回アンケート調査 博士課程修了後に就いた仕事への満足度・博士課程進学への満足度


まずは結果を示します。

図16:博士課程修了後に就いた仕事に対する満足・不満足


図17:博士課程進学したことに対する満足・不満足


博士課程修了後の仕事に対して満足しているという人が多いですし、博士課程進学に対しても満足しているという人の割合もかなり多いです。ただ、気をつけないといけない部分もあります。まず、博士課程修了後の仕事について不満足と回答している人の理由については、その場所で自分の能力が活かせないことに対する不満や人間関係についての不満など、生きていれば誰にでも起こりうる事象も挙げられているのですが(このようなことが起こるのは個人にとってはとてもつらいことなのですが(私も経験してますし))、現在ポスドクをしている、もしくはしていたという方からの意見で、ポスドクとしての金銭面・処遇面で大きな不満を挙げておられる方が多くいました。

また、博士課程進学については、満足をしていると回答をしてくださった方の中でも、ポスドクをされている方の場合、博士課程での経験もよかったし、現在の仕事の内容についても満足しているが、金銭的な面や処遇面で不満が大きく、本当に博士課程に進学したことがよかったのか疑問に思うことがあると回答を寄越してくださる方も多くいました。

博士課程での経験は、それまでの課程とは異なる得がたい経験をしたと修了者の多くが評価しているということは、個人的には意味のあることではないかと考えております。どのようなことを各人が評価しており、それがその後にどのように生かされているのかということも今後見て行きけたらいいのではないかと考えております。



前のページへ
次のページへ
第4回アンケート調査トップページに戻る
もどる