第4回アンケート調査 アンケート回答者の属性


今回のアンケートも前回のアンケートに引き続いて、博士課程修了者(中退者含む)および2007年度博士課程修了予定者(中退予定者)を対象としてアンケートへの回答を募りました。その結果、422名の方々から回答をいただくことができました。

アンケート回答者の属性は、次のとおりです。

  1. 専門別:
  2. 博士課程修了直後の就職先別:

    また、博士課程修了直後の就職先別についてのもう少し具体的な内訳は、図2に示します。ここで「企業」としては、「大企業の研究職・技術職」「中小企業の研究職・技術職」「ベンチャー企業の研究職・技術職」「企業の研究職・技術職以外の職種」を選択された方をカウントしております。

  3. 現在の職業:

図2:博士課程修了直後に就いた仕事(総数422名)


また、博士課程修了直後についた仕事の業務内容についてアカデミックポストに就いた場合と企業に就職した場合で集計をすると図3のような結果になっております。

図3:博士課程修了直後に就いた仕事の業務内容

図3を見ていただきますと、アカデミックポストに就いた場合では、博士課程時代の研究テーマにマッチしたものを業務内容としている人が多いのに対して、企業就職した場合では、「大学院での研究活動を通じて身につけた思考様式・行動様式を活かせる」業務に就いている割合が高いことがわかります。

また、今回の回答者で企業へ就職した方の場合は、「大企業の研究職・技術職」に就いた方の割合が高いことがわかります。



前のページへ
次のページへ
第4回アンケート調査トップページに戻る
もどる