第3回アンケート調査の実施

回答受付期間:2007年3月11日〜2007年3月20日


アンケートをおこなうのは二年ぶりになるのですが、第3回「博士の生き方」読者アンケートを実施しております。第2回アンケートでは、そこから言えたことから何か議論を発展させることは難しかったと考えておりました。

今回のアンケート調査においては、前回の反省もあり博士課程の学生の進路決定に何が影響を与えているのかについてのみ注目をしようと考えております。具体的には、@研究活動を通しての自己評価、Aキャリア意識の形成のための学習の機会、B進路決定に影響を与えた人物、を見たいと思っています。

今年度から、文部科学省も本腰を入れてポスドクのキャリアパスの多様化などに取り組んでおりますが、それの委託を受けて各機関で実施されている方策(各種セミナーを開くなど)は、適切なのだろうかという疑問を抱いております。もう少し本質的に議論をしなければいけない部分があるのではないかと感じております。このアンケートがそのための資料となれたらと考えております。

このアンケート調査の結果は、集計後、ホームページで発表するとともに、2007年3月25日〜3月28日に関西大学で開催される日本化学会第87回春季年会で発表します(3月25日10時〜11時30分 P会場 化学教育・化学史 1PA-004 「化学系専攻博士課程在籍者のキャリアサポートに対する大学院博士課程の制度的・文化的問題」(博士の生き方 奥井隆雄))。アンケートに回答してくださった方が特定されることのないように配慮をいたします。

よろしくお願いいたします。


第3回アンケート調査の要領


回答受付期間:2007年3月11日〜2007年3月20日


アンケート対象者:

@博士課程修了者、Aすでに就職先が決定している博士課程在籍者、B博士課程中退者

※(化学系専攻以外の方からの回答もお待ちしております)


アンケート回答方法:

「博士の生き方」管理人宛にメールで送信してください(フリーのメールアドレスからでもかまいません)。

「博士の生き方」管理人:webmasterアットマークhakasenoikikata.com(アットマークの部分に@を入れてください)

アンケート回答例:

お願い:

アンケートを送ってくださった方に対して、さらにメールにてご質問をさせていただくことがあるかもしれません。お忙しいところ申し訳ありませんが、ご協力をよろしくお願いいたします。


アンケート項目

1.ご自身の現職:

  1.大学・公的研究機関の常勤職員(任期なし)
  2.ポスドク(任期付き助手を含む)
  3.企業の研究者・技術者
  4.企業の研究職・技術職以外の従業員
  5.小中高の教員
  6.教員以外の公務員
  7.派遣社員
  8.研究生
  9.学生
  10.その他(職業をお書きください)

2.ご自身の博士課程修了(予定・中退)年度:

  ご記入ください(中退の場合はその旨も記してください)

3.ご自身の博士課程在籍時の専門分野:

  1.理学・数学
  2.理学・物理
  3.理学・化学
  4.理学・生物
  5.理学・その他(具体的にお書きください)
  6.工学・機械工学
  7.工学・電気通信
  8.工学・土木建築
  9.工学・応用化学
  10.工学・その他(具体的にお書きください)
  11.農学(具体的にお書きください)
  12.理系・その他(具体的にお書きください)
  13.人文科学(具体的にお書きください)
  14.社会科学(具体的にお書きください)
  15.文系その他(具体的にお書きください)
  16.その他(具体的にお書きください)

4.博士課程在籍時の研究テーマは面白い(面白かった)と思いますか?

  1.面白いと思う
  2.面白い部分もある
  3.ふつう
  4.つまらない

5.項目4で、1,2と答えた方に質問です。どのような点でご自身の研究テーマは 面白いと感じていますか(いましたか)?(当てはまる項目について、当てはまる順に順位付けして示してください)

  1.独創的なテーマであるから
  2.議論できる研究者が多くいるテーマだから
  3.お金になりうる(なる)テーマだから
  4.お金にはならないが、社会の役に立つテーマだから
  5.研究の世界に入る前から興味をもっていたテーマだから
  6.その他(具体的にお書きください)

6.項目4で4.と答えた方に質問します。どのような点でご自身の研究はつまらな いと思いますか(思いましたか)?(当てはまる項目について、当てはまる順に順位付けしてくだ さい)

  1.独創的でないから
  2.重箱のスミをつつくようなテーマだから
  3.議論のできる相手の少ないテーマだから
  4.社会の役に立たないから
  5.お金にならないテーマだから
  6.成り行きでかかわることになったテーマだから
  7.研究テーマとしてのまとまりがもてていないから
  8.その他(具体的にお書きください)

7.ご自身の研究成果を評価している(いた)人はいますか?(複数回答可)

  1.自分
  2.指導教員
  3.研究室の指導教員以外のスタッフ(助手、助教授、ポスドクなど)
  4.研究室の学生
  5.共同研究先の教員
  6.共同研究先の企業の研究者・技術者
  7.自分と同じ研究分野の学生、ポスドク、教員、公的機関の研究者
  8.自分と同じ研究分野の企業の研究者
  9.その他(具体的にお書きください)

8.進路を考えるときに相談にのってもらった人はいますか?(複数回答可)

  1.指導教員
  2.研究室の指導教員以外のスタッフ(助手、助教授、ポスドクなど)
  3.研究室の学生
  4.同じ専攻の教員
  5.同じ専攻の学生
  6.企業に勤めている先輩・同期・友人
  7.アカデミック分野(大学・公的研究機関)にいる先輩・同期
  8.家族・恋人
  9.大学の就職関連部署
  10.相談にのってもらった人はいない
  11.その他(具体的にお書きください)

9.進路を考える上で役に立ったものは何ですか?(複数回答可)

  1.研究室出身者の過去の進路情報
  2.専攻出身者の過去の進路情報
  3.相談にのってもらった人からの助言
   (具体的に誰からの助言が役に立ちましたか?項目8の選択肢を参考にしなが らお答えください)

  4.就職関連の書籍・情報誌
  5.新卒採用・中途採用などの就職情報ホームページ
  6.就職関係のセミナー(例:履歴書の書き方講座、合同企業説明会など)
  7.研究者人材データベース(JREC-IN)
  8.学会誌・自分の研究分野の業界誌
  9.経済誌・ビジネス関連書籍
  10.その他(具体的にお書きください)

10.博士課程時代の研究室の博士課程の同期・先輩の進路は何が多いですか?

  1.アカデミック分野が圧倒的に多い
  2.アカデミック分野がやや多い
  3.企業への就職がやや多い
  4.企業への就職が圧倒的に多い
  5.同期・先輩がいない
  6.その他(具体的にお書きください)

11.博士課程時代の自分の選んだ進路に好意的だった人はいますか?(まだ進路未定の方は自分の選ぼうとしている進路についてお応えください)(複数回答可)

  1.指導教員
  2.研究室の指導教員以外のスタッフ(助手、助教授、ポスドクなど)
  3.研究室の学生
  4.同じ専攻の教員
  5.同じ専攻の学生(研究室の学生は含めない)
  6.企業に勤めている先輩・同期・友人
  7.アカデミック分野(大学・公的研究機関)にいる先輩・同期
  8.自分と同じ分野にいる教員、研究員(同じ専攻の教員は含めない)
  9.家族・恋人
  10.いない
  11.その他(具体的にお書きください)

12.自分の選んだ進路に否定的だった人はいますか?(まだ進路未定の方は 自分の選ぼうとしている進路についてお応えください)(複数回答可)

  1.指導教員
  2.研究室の指導教員以外のスタッフ(助手、助教授、ポスドクなど)
  3.研究室の学生
  4.同じ専攻の教員
  5.同じ専攻の学生(研究室の学生は含めない)
  6.企業に勤めている先輩・同期・友人
  7.アカデミック分野(大学・公的研究機関)にいる先輩・同期
  8.自分と同じ分野にいる教員、研究員(同じ専攻の教員は含めない)
  9.家族・恋人
  10.いない
  11.その他(具体的にお書きください)

13.博士課程修了(中退)時点での進路は何ですか(博士課程修了予定者の方は現在決まっている進路をお書きください)?

  1.大学・公的研究機関の常勤職員(任期なし)
  2.ポスドク(任期付き助手含む)
  3.企業の研究者・技術者
  4.企業の研究職・技術職以外の従業員
  5.小中高の教員
  6.教員以外の公務員
  7.派遣社員
  8.進路未定
  9.その他(具体的にお書きください)

14.博士課程修了(中退)時点で大学・公的研究機関以外の進路を選ぶことに抵抗はありましたか?

  1.あった
  2.すこしあった
  3.なかった

15.項目14で1,2と答えた方に質問します。どのような点に抵抗を感じましたか?

  自由にお書きください

16.博士課程修了(中退)時点でのご自分の進路は積極的に求めたものですか?

  1.はい
  2.いいえ

17.項目16で2と答えた方に質問。積極的に自分の進路を求められなかった のはなぜですか?

  自由にお書きください

18.博士課程修了(中退)時点で修了後に就く新しい仕事を通して何を求めていきたかったですか(求めていきたいですか)?

  自由にお書きください

アンケート終了

※アンケートにご回答いただけた方に、ご回答に関連した質問をメールにて送ることがあります。どうぞご協力をよろしくお願いいたします。




もどる