「35歳までに必ずやるべきこと〜運をつかむ人になれ〜」

重茂 達(おもい とおる) 著  かんき出版  1400円+税 2002年6月26日初版発行


「35歳までに〜」と書名にあるのを見て、最近28歳になったばかりの私もまだまだ間に合うのかなと心強くさせてもらった一冊です。著者は、人材派遣大手のアデコ前社長なのですが、それ以前に、さまざまに辛酸をなめたり、しんどい時代もすごしてきたようです。著者は、人生の大半を仕事をして費やすのだから、職業人としての成功は、幸せな生き方もしくは充実した人生を手に入れる上で重要なものなのではないかと述べています。

人生には、よいことも悪いこともあるけれども、さまざまな些細な出来事の中に、何か自分自身を伸ばせるきっかけがあることがあるし、些細なことで自分自身を滅ぼすこともあります。自分の身を滅ぼすのは簡単なことかもしれませんが、自分自身が飛躍のチャンスを見つけようと思ったら、そのチャンスをつかめる位置におれるように常に自分の技能や人格を高める努力をしなければいけないと説いております。

「自分との接し方」、「人との接し方」、「仕事への取り組み方」、「ものの考え方」などなど、なんとなく日々の生活の中で、こうしないといけないなと漠然と思ってはいることをぴしっとまとめてみえるのを読み、心を新たにして、研究に励もうかという気になりました。



一つ前に戻る
次へ
もどる